無職になる不安はキャッシングで解決

無職になる不安をキャッシング契約で解消するその意味合いとは?

無職になるかもしれない不安

終身雇用なんてほとんど非現実的になった世の中のおかげで、今でも僕は派遣社員として日々を凌いでいます。派遣社員と言っても思いっきり働けば給与は一部の正社員の方に勝るとも劣らないのでそこまで不満は無いです。

しかし、派遣社員というのはやっぱり不安定というのは事実です。社会保険こそあるものの賞与は無いし、契約更新が継続的にあると言っていても、景気次第というのは当然です。結局これらの点があるからこそ、日本では正社員という肩書きに力があるんだと思います。

そして派遣社員の一番の不安が、相手からの契約打ち切りによる失業です。派遣社員というのは派遣元に所属しているという形ではありますが、派遣先が見つからない限りは所詮無職です。僕達派遣社員は常に無職になる可能性が高い中で働いているのと同義ですね。

つまりは常に仕事を失ってしまっても大丈夫なようになにがしらの備えは必要です。具体的にはお金ですが、貯金をしておくと言ってもやっぱり庶民には限度がありますよね。

いざという時の備えにカードキャッシングを

そこで派遣としてまだ仕事があるうちにしておきたいのが、カードキャッシングへの申し込みです。カードキャッシングはお金を融資してもらう事でありますが、お金の融資と聞くと給与が多くないと無理そうですよね?

でも、今のカードキャッシングはそんな事はありません。収入があれば基本的に誰でも申し込めるので、要は働いてさえいれば良いという事です。僕のような派遣社員でも申し込みに必要な基準はすでに満たしているのです。

無職になってしまった場合の保険としてカードキャッシングに申し込み無事に発行されましたが、これは例え無職になるかどうかを差し置いても、とても便利です。

まず借りるために対応ATMに向かう必要がありますが、多くの業者がコンビニATMに対応しているのがミソですね。コンビニATMに対応していればATMの受付も24時間対応という事で、出かけた先でお金に困っても安心です。実のところ仕事が無くなった時の為というのが作った名目だったのですが、普通に仕事をしている時からちょっと使う事になってしまい、その便利さを先に体感してみた感じですね。

もちろん無駄遣いはいけませんが、ここまで手軽に備えられるなら、安定していない非正規雇用の方こそ、キャッシング用のカードを一枚作っておきたいですね。