任意整理の必要性について

返しても返しても減らない借金、まずは任意整理してみましょう!

キャッシングの返済時に、決まった金額をATMへ入金すると、そこから利息を差し引いた金額が元金返済へ充当され、その分が新たに借り入れる事が出来るようになります。つまり、利息だけ返していれば何も問題は起きないのですが、これではいつまで経っても元金が減らず、借金を完済する事が出来ない状況に陥ってしまいます。この状況を打開するためには、通常のキャッシング返済方式では無く、たとえば月賦で商品を購入した際の「月々幾らを何回払い」という風に、返済方法を変更する以外にありません。その様に変更して欲しい旨を申し出れば、認めてくれる場合があります。

貸金業者としては、出来れば一生、利息だけを払い続けてもらって、いつまでも借金しておいて欲しいわけですが、かといって、破産されてしまっても困りますので、顧客からそのような申し出があれば、返済計画の相談に応じてくれます。しかし、個人で貸金業者を相手に交渉を行うというのも、なかなか大変なので、通常このような場合には、司法書士や弁護士などの専門家に、交渉の代行を依頼します。これが任意整理です。

専門家に依頼すれば、当然の事ながら手数料が発生しますが、返済の際の利息軽減を交渉してくれたり、時によっては、これまでに払いすぎている利息の返金請求をして貰えたりするため、個人で行うよりもずっと有利になる場合が多く、時間の節約にもなります。相談だけであれば無料で、着手金も不要という場合が多いので、返済にお困りの方は、是非、専門家に任意整理を依頼されることをお勧めします。「任意整理」や「過払い請求」などのキーワードで検索してみれば、幾つもヒットしますし、フリーダイヤルに電話をするだけで、後は詳しく説明してもらえますので、とても簡単です。